東洋医学から見た抜け毛対策




育毛剤を使ったり、薬を飲んだり(漢方薬以外)して抜け毛の治療をする考え方は広く行われていらっしゃいマスが、これは西洋医学の治療法といえマス。
東洋医学(中国の伝統がある医学)の考え方は、西洋医学のそういった方法を行うと一時的には抜け毛が止まったり発毛したりしても長期的にみて持続するかは疑問だとしていマス。
では、どのような治療をするので御座いましょうか。

抜け毛の原因は内臓にある(とくに肝臓)と考えていマス。
この内臓の働きを正常に戻す事が抜け毛対策にさらにも効果的との事ですね。
針やお灸で頭のツボを刺激する事で、抜け毛の根本的な治療になるといいマスので御座いマスね。
本来生えておりマスものが抜けるといいマスのは、其の抜けておりマス人に何らかの異常があるからですのでしょうから、針やお灸を施すことによって正常な状態に戻す事が出来れば抜け毛は止まるといいマスのは理に適っておりマスといえマス。

続きを読む

(C) 2012 抜け毛症予防緊急対策室