がん保険のわかりづらいところを詳しく説明します。

スポンサードリンク

保険の種類

世の中の不景気のあおりを受けて、家計を見直しておりマス人も多いことで御座いましょう。
毎月の出費から住宅ローンや教育費とか、どうしても削れないものを除いていくと、まず見直すべきは各種保険になってくるようですね。
今まではよくわかりませんけど安心のためと払い続けてきた保険料。
「もしかして払い過ぎていらっしゃいませんかしら?」「これから保険に入り直すならどの様な保険?」と、見直しや選び方について今一度見直してみましょう。
其のためには数ある保険の種類を知る必要が御座いマス。

保険と一言で言っても其の目的は幾つかあり、大きく分けると「死亡保障」「老後のための貯蓄」「医療保障」になりマス。
死亡保障は被保険者が死亡したり高度障害になりました場合に保険金が支払われるもために、代表的なものは定期保険や終身保険等ですね。
老後の資金や貯蓄を目的とするものには養老保険、個人年金保険、学資保険等が御座いマス。
これは被保険者が一定の年齢になりましたときに保険金が支払われマス。
医療保障は病気やケガをなさいました場合に保険金が支払われるもために、医療保険、がん保険等がこれに含まれマス。
がん保険は対象をがんに特定した保険で、ですが、もちろん其れ以外の医療保険ではがんになっても一切保障がない、といいマスわけではありませんのでご心配なく。

だいたいの保険は基本の主契約に特約として災害や疾病時の保障を付けることもできるようになっていマス。
保険各社が次々と新しい保険商品を売り出し、保険の選び方にも迷う時代で、ですが、入ろうとする保険の種類に応じた特徴をよく理解し、ご自分の活用目的に合っておりマスと得心できる商品を選択して下さい。

スポンサードリンク

関連ニュース

▲このページのトップへ

携帯版のQRコード

失敗しないがん保険の選び方とは?:携帯版

携帯サイトは3キャリア対応です。

当サイトは携帯でもご覧頂けます。
携帯版サイトURL:
http://melonet.net/m/
上のQRコードから読み取るか、URLをケータイに送信してアクセスしてください。